武庫川初優勝、ジャンブルは3度目!
第14回シュガーボウル
2005年6月7日



  に詰め寄られた。逆転を狙ったスピリッツの自殺点で結局32対25と7点差をつけたが、薄氷の勝利。決勝では、教訓を活かし、QB桑田が適確な判断で攻撃リズムを作り、聖和大を36対9と突き放した。西高東低が続くが、東のレベルアップも順調で、1回戦はユニコーンズ、成城の健闘で好試合が連続、スピリッツ対アウィリーズは大会史上2度目のタイブレーク(サドンデスTFP合戦)にまでもつれ込んだ。MVPは桑田有歌(武庫川)。
  オープンは、FCジャンブル(西日本2位)が、決勝でスレイズ(西日本3位)を26対13で下し、5年ぶり3度目のSB優勝を果たした。QB有川の冷静な投走を核にするセンス溢れた攻守で、とくにMVPのWR柴橋正和の集中力が光った。優勝候補のリベンジャーズはパス攻撃に決め手を欠き、準決勝で敗退した。
  なお、今大会は負傷が目だった。捕球に飛び込む危険な行為
  が原因で、大会終了後、各チームに安全指導の確認が求められた。
   SugarBowl2005(主催 JTFA・フットボールジャパン、後援 TOUCHDOWN)は、6月4日(土)全国から324人の選手が参加して、時折雨がぱらつく横浜スタジアムで開催された。
 レディースは、武庫川女子大ジ
  ェントルブリーズ(関西学生1位)が安定した攻守で初優勝した。関門は、準決勝の対スピリッツ戦だった。前半20対7とリードしたが、後半はスピリッツが堅守を軸に猛反撃、第4QにはQB脇坂のパス、オンサイドキックなどで1点差
back