第1編 試合

第1章、試合
1、タッチフットボール
 6人制タッチフットボールは、各6名の選手で構成する2チームが、長方形のフィールドにおいて、楕円形のボールを、相手エンドゾーンに持ち込んで得点し、所定の試合 時間に於いて、より多く得点した方が勝者となる、チーム球技である。
2、エンドゾーン
 エンドゾーンは、フィールドの両端にあり、両チームはランプレー、パスプレー、キックプレーによって、相手エンドゾーンにボールを進める機会が与えられる。
3、公式規則の適用
 全ての選手、コーチ、チーム関係者、その他試合関係者は、公式規則の適用を受け、それに従わねばならない。
4、審判員による管理
 試合前のコイントスから試合終了の得点宣言まで、試合は3名(又は4、5、6、7名)の審判員の管理の下に実施される。審判員は、レフリー、ラインズマン、ラインジャッジである。
5、チームキャプテン
 各チームは、1名以上のキャプテンを定め、レフリーに申告しなければならない。ただし、自己のチームを代表して審判員と話が出来るのは、このうちの1名だけである。

第2章、フィールド
1、フィールド
 フィールドは40ヤードのエンドライン(短辺)、80ヤードのサイドライン(長辺)で囲まれた長方形である。フィールドは10センチのラインで引き、ラインはフィールドに 含まない。長辺両端のエンドライン、ゴールライン、サイドラインに囲まれた地域がエンドゾーンである。両ゴールラインとサイドラインで囲まれた地域がフィールド・オブ・プレーである(図参照)。ゴールラインはエンドゾーンに含まれる。
2、ヤードライン
 フィールドには、ゴールラインに平行なヤードラインを10ヤード毎に引かねばならない。可能なら5ヤード毎に引くのが望ましい。
3、インバウンズライン
 フィールド中央に両ゴールラインを結ぶインバウンズ・ラインを破線で引き、全てのプレーはインバウンズライン上から始めなければならない。
4、チームエリア
 15ヤードライン間の、サイドラインの2ヤード外側に、チームエリアを設ける。試合中、ユニフォームを着用した交代選手及び登録されたチーム関係者はチームエリアにいなければならない。選手及びチーム関係者以外はチームエリアに入ってはならない。
5、ヤードチェーンとダウン表示器
 シリーズ更新線を表示する為の、両端に高さ5フィート以上のロッドをつけ正確に10ヤードの長さのチェーンを、ヤードチェーンとする。ボールの位置とダウン回数を表示 する為の、5フィート以上の高さを持ち、1〜4までの数字を表示出来る装置を持つ器具をダウン表示器とする。

第3章、ボール
1、規格
 ボールはアメリカンフットボールのジュニアサイズ(外周64〜65センチ、47〜48センチ、直径15〜21センチ、重量320〜340センチ、空気圧1平方センチ当たり703〜949グラム)を使用する。
2、管理及び施行
 チームは各3個の試合ボールを準備する。試合前、或いは試合中に、審判は試合ボールの検査を行い、適性でないと判断した場合はボールの交換を行う。
3、ボールの交換

 攻撃又はキックするチームは、プレー開始前、或いはメジャーメントが行われる場合に、速やかに次に攻撃又はキックに使用するボールを審判に提出する。

第4章、装具
1、ユニフォーム
 同一チームの選手は、同一色で同一デザインのジャージーとパンツを着用せねばならない。女子は膝丈のパンツ、スパッツが望ましい。全ての選手は膝を完全に覆うサポーターを着用せねばならない。
2、番号
 全ての選手のジャージーの背部には、明確に識別出来る1番から99番までの番号を付けなければならない。数字の大きさは幅20センチ、高さ30センチ以上が望ましい。同一チームの、同じ番号の選手が、同一ダウンにフィールドに出場してはならない。相手を 混乱させる目的で試合途中に番号を変更してはならない。
3、靴
 ゴム底の靴を着用しなければならない。ただし、審判が適正と認め、対戦チームが合意した場合は、合成樹脂底の靴を使用をすることが出来る。
4、危険な装具
 相手や自分自身を傷付ける恐れのある装具(指輪、ネックレス、ピアス等の装飾品を含む)等を着用してはならない。
5、不正な装具
 上記1、2、3の条件を満さない装具は不正な装具で着用してはならない。特別な理由で、着用が必要な場合は、出場前に、審判に申告して、その装具が安全であることの 承認を受けねばならない。不正な装具の着用、又は1、2、3の必要な装具を着用していない場合は、そのチームはチーム・タイムアウトをとり、選手に正しい装具を着用させねばならない。タイムアウトがない場合は不正な装具の反則、5ヤードの罰退である。

第5章、不正な装置
1、フィールドの装備の規制
 試合中に、チームは、その試合での利益の為に、コーチが使用するヘッドフォン以外の、映像、音声装置を使用してはならない。


| 目次 | 6人制タッチフットボール競技規則の原則 | タッチフットボール・コード |
| 第1部 6人制タッチフットボール公式競技規則 |
| 第1編 | 第2編 | 第3編 | 第4編 | 第5編 | 第6編 | 第7編 | 第8編 | 第9編 | 第10編 | 第11編 | 第12編 |
| 第2部 4人制タッチフットボール競技規則 | 審判のシグナル |