タッチ・アンド・フラッグ・フットボ−ル・コ−ド
(タッチ&フラッグ・フットボ−ルの精神)

 タッチ&フラッグ・フットボ−ル(以下タッチフットボール)は誰でも、何処ででも、手軽に、安全に、フットボ−ルの魅力を楽しむ為のチーム・スポ−ツです。性別年齢を問わず、小人数で、小さなフィ−ルドで、装具を用いず、理解しやすい競技規則と短い試合時間で、格闘競技の要素を排除して、フットボール特有の魅力である技術、スピ−ド、戦術、チームプレー等を楽しむゲームです。タッチフットボ−ルは、アメリカンフットボールに準じた競技規則ですが、安全を最優先して、身体接触(コンタクト)を最小限に止めました。アメリカンフットボールから力の要素を除いたのがタッチフットボールです。健康で安全なスポーツを育成普及させる為には、プレーヤ−は、ル−ルの大前提となる、スポ−ツパーソンシップを遵守しなければなりません。以下は、タッチフットボ−ルの精神で、競技規則に優先して尊重下さい。

1、プレーヤーの安全を最優先せねばならない。ル−ルは守るべき最低の条件である。安全を守る為にはプレーヤー個々の努力が必要である。危険な身体の接触は絶対に行ってはならない。特に、体力を利用した、激しい或いは勢いをつけた接触(ブロック)、タッチは絶対に慎まねばならない。

2、相手プレイ−ヤ−に思いやりを持ってプレ−しなければならない。技術、体力等の水 準が異なるプレ−ヤ−が共に楽しむのがタッチフットボ−ルである。上級者は下級者をリ−ドし、保護し、共にプレ−を楽しむ姿勢を忘れてはならない。ゲームは、プレーする2っのチームが創造するコミニュケーションの場である。

3、競技規則はその精神を理解して正々堂々とプレ−せねばならない。規則を曲解して、その規則の不備をつく行動はスポーツではない。セルフフジャッジが、タッチフットボールの理想の一つである。

4、故意に競技規則を犯してはならない。勝敗に執着した競技時間の不正な浪費、審判の妨害等は競技運営の大きな妨げとなる。
 
5、スポーツはプレーヤーの為にある。競技規則は、プレーヤーの為にある。全てのプレイヤーが、能力体力に応じて、タッチフットボールに親しめるような、競技規則であるべきである。

 この競技規則は、平均的な知識、技術、体力を有するプレーヤー(レベル2)がレクレーションとしてプレーする事を目的としている。上級及び初級のレベルを対象に、必要と見られる項目に大会特別規則を設けた。レベルは下記を基準とした。

上級(レベル1) 安全及び技術の責任者の監督指導を受け、体力及び技術の向上の為に、
         年間を通じて定期的な練習研鑽している公認団体(チーム)
中級(レベル2) 平均的な技術、体力を有するが、年間を通じた定期的な練習を行っていないプレーヤー。
初級(レベル3) 技術、体力が不足する初心者、高齢者、幼年児。


| 目次 | 6人制タッチフットボール競技規則の原則 | タッチフットボール・コード |
| 第1部 6人制タッチフットボール公式競技規則 |
| 第1編 | 第2編 | 第3編 | 第4編 | 第5編 | 第6編 | 第7編 | 第8編 | 第9編 | 第10編 | 第11編 | 第12編 |
| 第2部 4人制タッチフットボール競技規則 | 審判のシグナル |