第12編 定義

1、アウト・オブ・バウンズ
 フィールドの外側、場外。サイドライン、エンドラインはアウト・オブ・バウンズである。

2、イリガルブロック
 相手の背後からのブロック等不正なブロック。
3、インターセプト
 相手チームのファンブル或いはパスをキャッチする行為。
4、インバウンズ・ライン
 フィールド中央に、サイドラインと平行にゴールライン間を結んだ破線。スナップ及びキックオフはインバウンズライン上から行われる。
5、確保
 ライブボールを保持又は制御している状態。下の2つの場合がある。
 1)プレーヤーの確保 
 2)チームの確保
 キックを行おうとしている場合、フォワードパスが投げられた場合もチームの確保である。
6、キック
 ボールのキックとは、膝、脚又は足によって故意にボールを蹴る事。キックは、公式規則に従ってキックチームのプレーヤーによって行われるパント、プレ−スキックがあり、他の方法は認められない。
7、キッカー
 パント、或いはプレースキックを公式規則に従って行うプレーヤー。キックの後身体のバランスを取り戻すまでキッカーである。
8、キックエンドの地点
 キックが確保された又はデッドとなった地点
9、キックオフ
 前後半の開始時、トライ及びセフティの後に、キックチームとレシーブチ−ムとの間に10ヤードの間隔(中立空間)を設けて行うキック。 
10、キックチームとレシーブチーム
 キックチームとはキックした攻撃チーム。レシーブチームとはその相手チーム。
11、キャッチ
 グラウンドに触れていない、空中にあるライブボールをプレーヤーが確保する行為。
 1)ボールを確保、制御したプレーヤーが、最初に着地した片足がフィールド内であれば、キャッチである。
 2)レシーバーが着地と同時にボールの確保を失ったら、キャッチではない。
 3)フィールドのグランドに膝をつく又は身体をたおしているプレーヤーでもキャッチ出来る。
12、攻撃チ−ムと守備チーム
 攻撃チームとは、ボールを確保しているチーム或いはボールが所属しているチーム。守備チームはその相手チームの事である。
13、交代選手
 交代して出場したプレーヤー
14、ゴールライン
 フィールドでエンドゾーンを区別する、垂直な面。ゴールラインはエンドゾーンに含まれる。
15、サクシーディング・スポット
 次にボールがプレーに移される地点。
16、施行地点
 反則に対する罰則やバイオレーションが課せられる地点。
17、シフト
 レディ・フォー・プレーの後に、2名以上の攻撃チームのプレーヤーが同時にポジションを移動する行為。
18、所属
 デッドボールを所有している状態。ダウン間のボールの状態を表現する。
19、スクリメージ
 スクリメージは、スナップで開始するダウンにおいて、2つのチームが相手と反応しあって行う行為である。
20、スクリメージ・ダウン
 スナップで開始するダウン。
21,スクリメージ・キック
 スクリメージ・ダウンで行うキック。パントで行う。
22、スクリメージ・キックのブロック
 ニュートラルゾーン又はその手前で、レシーブチームがキックしたボールにタッチする行為。
23、スクリーン・ブロック
 ボールを保持しているチームのプレーヤーが、相手に接触しないで、相手の動きを妨害するブロック。スクリーンブロックを採用した競技では、守備選手は、ボールを持たない或いは持ったふりを装わない攻撃プレーヤーに接触してはならない。
24、スナップ
 片手又は両手の迅速かつ連続的な動作で、グランド上のボールを後方へ手渡し、又はパスする行為。シリーズを与えられたチーム(ボールが所属するチーム)が行う。
25、ダウン
 レディ・フォ−・プレーの後にスナップ又はキックオフで始まり、ボールがデッドとなって終了するまでの、ゲーム(行為)の単位。
26、タッチ
 両手でボールキャリアの身体に触れる行為。
27、デッドボール
 プレー中でないボール。
28、デッドボール・スポット
 プレーが終了した地点。
29、前方と後方、越えてと手前、フォワードとバックワード
 チームにとって、前方、越えて、フォワードとは、相手ゴールラインへの方向である。後方、手前、バックワードとは守るべきゴールラインの方向である。
30、ニュートラル・ゾーン
 スクリメージ・ダウンの開始前に、レディ・フォ−・プレーで置かれたボールの、両端を通る仮想のヤードラインがスクリメージラインである。この2本のスクリメージラインの間の空間が、ニュートラル・ゾーン(中立空間)である。ボールの長軸の幅を持 つ空間となる。
31、パス
 ボールをパスするとは、ボールを投げる事である。
32、パッサー
 フォワードパスを公式規則に従って投げるプレーヤー。パスの後に身体のバランンスを取り戻すまでパッサーである。
33、ハドル
 スナップやキックオフの前に、フィールドで2名又はそれ以上のプレーヤーが集合する行為。
34、パント
 プレーヤーがボールを落下させ、そのボールがグラウンドに触れる前に蹴るキック。
35、反則
 反則とは距離罰則が規定されている規則違反である。バイオレーションとは距離罰則のない規則違反で、反則の罰則とは相殺できない。
36、反則地点
 反則が発生した地点。
37、被交代選手
 交代して退場した(又は退場する)プレーヤー
38、ファンブル
 パス、キック、成功した手渡し以外で、プレーヤーがボールの確保を失う行為。
39、フェアーキャッチ
 誰もタッチしていないキックのボールを、フェアーキャッチのシグナルをしたレシーブチ−ムのプレーヤーがキャッチする行為。
40、フェア−キャッチのシグナル
 キックのレシーブチームのプレーヤーが、明確に片手を頭の上にあげ、1回以上左右に大きく振り、フェアーキャッチの意思を示す行為。フェアーキャッチのシグナルをしたチームはボールを前進させてはならない。
41、プレビアス・スポット
 最後にボールがプレーに移された地点。
42、プレーヤー
 フィールドに出場して、プレーしている選手。
43、プレースキック
 ボールを確保しているチームのプレーヤーが、グランド上に置かれたボールを蹴るキック。
44、ブロック
 広げた手のひらで、相手の身体の肩から腰までに軽く接触させて、相手の動きを妨害する行為。この時に、腕は伸ばしていなければならない。
45、ボールキャリア
 ライブボールを保持しているプレーヤー。
46、マフ
 キャッチ又はリカバーしようとして、ボールにタッチしたがキャッチ又はリカバーできなかった行為。
47、モーション
 スナップの時に、1名の攻撃チームのプレーヤーが、相手エンドゾーン以外の方向に向かって移動する行為。
48、ライブボール 
 プレー中であるボール。グラウンドにタッチしていないフォワードパス、キック、ファンブルは空中にあるライブボール。
49、リカバー
 グラウンドに触れた後の、ライブボールを確保する行為。グランド上或いはバウンドして空中にある場合でも、一度グラウンドに触れたボールの確保はリカバーである。タ ッチフットボールでは、ファンブルのリカバーはしてはならない。
50、レディ・フォー・プレー
 プレー開始の準備完了のこと。審判員はボールを移動してインバウンズ・ライン上に 位置させ、プレー開始の準備が整った時、ホイッスルを吹き、レディ・フォー・プレー のシグナルを行う。攻撃チームはシグナルから25秒以内にボールをスナップ又はキックオフせねばならない。
51、ロス・オブ・ダウン
 罰則施行後の、ダウンを繰り返して行う権利を失うこと。
52、ヤードライン
 エンドラインに平行なフィールド・オブ・プレーの全てのライン。タッチフットボールでは30ヤードラインが中央になる。


| 目次 | 6人制タッチフットボール競技規則の原則 | タッチフットボール・コード |
| 第1部 6人制タッチフットボール公式競技規則 |
| 第1編 | 第2編 | 第3編 | 第4編 | 第5編 | 第6編 | 第7編 | 第8編 | 第9編 | 第10編 | 第11編 | 第12編 |
| 第2部 4人制タッチフットボール競技規則 | 審判のシグナル |