第9編 得点

第1章 得点
1、得点
 得点は以下の通りとする。
 (1)タッチダウン(略称 TD)    6点
 (2)セフティー(略称 SF)     2点
 (3)サクセスフルトライ(略称 ST) 1点
2、没収試合

 没収試合の得点は、没収されたチームが0点、相手チームが1点である。相手が没収の時点で勝っていた場合は、その時点の得点とする。

第2章 タッチダウン
 タッチダウンとは、以下の場合である。
 1)相手エンドゾーンにボールキャリアの確保したボールが入った場合。
 2)相手エンドゾーンにいるプレーヤーがフォワードパスをキャッチした場合。
 3)相手エンドゾーンにいるプレーヤーが、正当にファンブル、バックワードパスをキャッチした場合。
 4)その他、レフリーがタッチダウンと認めた場合。

第3章 トライ
1、トライ
 トライは、タッチダウンの6点を得たチームに与える、追加の攻撃機会で、1回だけのスクリメ−ジダウンである。この間は試合時間に含めない。
 1)トライは、相手の3ヤードラインから、スナップで開始する。
 2)トライがタッチダウンとなれば、サクセスフル・トライで得点1点が追加される。守備チームがインターセプト或いはファンブルをキャッチしてタッチダウンすれば、守備チームに1点が与えられる。
2、トライの終了
 トライは次の場合に終了する。
 1)タッチダウン
 (1)相手エンドゾーンにボールキャリアの確保したボールが入った場合。
 (2)相手エンドゾーンにいるプレーヤーがフォワードパスをキャッチした場合。
 2)攻撃チームが、ロスオブダウンの罰則のある反則を犯した場合。
 3)攻撃チームのファンブルを、他の攻撃プレーヤーがキャッチした場合。
 4)ルールによりプレーが終了した場合。
3、トライ中の反則
  トライの間に反則が発生した場合、以下のように施行する。
 1)両チームに反則があったら、トライをやり直す。
 2)得点に成功したトライ中に守備が反則した場合、その罰則を続くキックオフで適用することができる。
 3)得点に成功したトライ中に攻撃が反則した場合、守備は罰則を施行し、再度トライの繰り返しを行わせる事ができる。ただし、ロスオブダウンを伴う反則の場合は、自動的にトライは終了して、罰則をキックオフに適用する事は出来ない。
 4)トライ終了後の反則は続くキックオフで施行する。
4、トライの次のプレー
 トライの次のプレーは、キックオフである。6点のタッチダウンをされたチームのキャプテンが、いずれのチームがキックオフを行うかを選択、レフリーに宣言する。
5、トライにおける、競技レベルに応じた特例
 上級レベル(レベル1)に於ける大会特別規則として、相手の8ヤードラインからスナップで開始する、2点トライを設けることが出来る。タッチダウンをすればサクセス フル・トライとして2点を獲得する。2点トライを採用した場合、タッチダウンの後に、攻撃チームは1点トライか2点トライかいずれかを選択して、審判に申請しなければならない。

第4章 セフティ
1、セフティ
 1)攻撃の失敗により、守るべきゴールライン上又は後方で、プレーヤーが確保したボールがデッドとなるか、ボールがアウト・オブ・バウンズになり、ボールがゴールラインを越した責任がそのゴールラインを守っているチームにあれば、セフティである。
 以下の場合で、相手に得点2点を与える。
 (1)守るべきエンドゾーンでタッチされた場合。
 (2)ファンブル、或いはバックワードパスのボールが、守るべきエンドゾーンのグランドに触れた場合或いはエンドゾーン内からアウトオブバウンズに出た場合。
 (3)ボールキャリアが、守るべきエンドゾーン内から直接アウト・オブ・バウンズに出た場合。
 (4)その他、レフリーがセフティと判断した場合。
2、セフティの次のプレー

 セフティの次のプレーは、得点されたチームの10ヤードラインから、得点されたチームがキックオフを行う。

第5章 タッチバック
1、タッチバック 
ボールがゴールライン上又はゴールラインを越えた地点で、
 (1)アウト・オブ・バウンズとなった場合
 (2)そのゴールラインを守っているプレーヤーがボールを確保している時にデッドとなった場合
 (3)キックがデッドとなった場合
 このボールにゴールラインを越えさせた責任が、そのゴールラインを攻撃しているチームにある場合、タッチバックとなる。
 (4)キックされたボールに、攻撃チームがバイオレーションを犯した場合もタッチバックとなる。
2、タッチバック後のスナップ
 タッチバックとなった場合、そのゴールラインを守っていたチームの10ヤードラインでそのチームにシリーズが与えられる。


| 目次 | 6人制タッチフットボール競技規則の原則 | タッチフットボール・コード |
| 第1部 6人制タッチフットボール公式競技規則 |
| 第1編 | 第2編 | 第3編 | 第4編 | 第5編 | 第6編 | 第7編 | 第8編 | 第9編 | 第10編 | 第11編 | 第12編 |
| 第2部 4人制タッチフットボール競技規則 | 審判のシグナル |