6人制タッチフットボール競技規則の原則

 初心者、フットボールを見た事がない人でも、この競技規則だけでプレーに親しめるように作成してあります。安全にフットボールを楽しむ為に、プレーヤーを、上級、中級、初級と分け、中級レベルを対象に規則を作りました。しかし、様々なレベルの方がそれなりに楽しめるように、特に身体の接触に関する規則は、上級及び初級プレーヤーのレベルに応じた特別規則を設けてあります。以下規則の趣旨です。

1、フィットネス・スポーツ
 フットボールの競技規則を知らない、スポーツに興味はあるが、定期的な運動はしていない、普通の青年男女を対象にしてあります。フィットネス・スポーツとして、生涯スポーツとして、年齢性別を越えて親しんでもらうのが目的です。
 定期的な練習を行い、高度な技術、体力を身に付け、競技スポーツとしてプレーするプレーヤーは上級、少年老年或いは初心者を初級として、それぞれに応じた特別規則(特に身体の接触に関する規則)を設けてあります。

2、シンプル
 理解しやすく、プレーしやすい、単純なルールにしました。

 キックはスクリメージ・キック、キックオフだけ。
 スクリメージラインはニュートラルゾーンに統一。


3、運営、判定しやすい
 選手、審判がプレーや判定、運営、試合時間管理を行いやすいしました。
 タイムアウトは全てスナップで開始
 タイムアウトは60秒
 罰則の簡素化、施行地点の単純化。

4、安全
 身体接触を極力排除(タッチ、ブロック、腕の使用)。

5、攻撃優位
 プレーの楽しさはタッチダウン。タッチはフレームのみが有効ですので、アメリカンフットボールと比較して、攻撃優位となる(高得点試合が増加)。 

6、アメリカンフットボール用語、規則の流用
 フットボールの魅力を楽しむ為のスポーツです。タッチがフットボールの底辺を拡大、理解を深める為に、極力フットボール用語、規則を生かしました。しかし、上記2、3に1より、同じ用語がフットボールとは多少異なった意味の場合もあります。


| 目次 | 6人制タッチフットボール競技規則の原則 | タッチフットボール・コード |
| 第1部 6人制タッチフットボール公式競技規則 |
| 第1編 | 第2編 | 第3編 | 第4編 | 第5編 | 第6編 | 第7編 | 第8編 | 第9編 | 第10編 | 第11編 | 第12編 |
| 第2部 4人制タッチフットボール競技規則 | 審判のシグナル |