SUGAR BOWL

第18回シュガーボウル

クールに決めた!

女子は武庫女3度目、オープンはリベ9度目の優勝

好天に恵まれた第18回シュガーボウル(2009年5月23日 横浜スタジアム)

第18回シュガーボウルの開会式で挨拶する、鳩山由起夫JTFA会長 パスとランで優勝に貢献したQBG片山春加(武庫女大)

攻守で活躍、ベストメンバーとなったG・DB(74)西古千里(神戸大、対武庫女)

2年ぶり9度目のSB優勝を祝う東京リベンジャーズ

TOUCHDOWN優勝杯を受けた、主将でMVPの寺町修二(リベンジャーズ)

3度目の優勝を果たした武庫川女子大、松成晋一ヘッドコーチ(上段左)、MVPの主将(25)深見理絵(前列中央)


 5 月23日(土)、快晴の横浜スタジアムでTOUCHDOWN杯争奪タッチフットボール春季日本選手権『第18回シュガーボウル』(主催、JTFA、NPO 法人フットボールジャパン、主管一般女子連盟、関東女子連盟、関東オープン連盟、後援TOUCHDOWN)が開催され、新型インフルエンザの影響もなく、 地方代表のレディース8チーム、オープン6チームが熱い戦いを繰り広げた。クールに行こう!の今大会テーマにふさわしい、爽やかな展開だった。
  開会式に出席した鳩山由紀夫会長は「インフルエンザに負けず、出場するからには、勝ちを目指して頑張ってください」と挨拶、選手全員と激励の握手を交わした。

武庫女2年ぶり3度目の栄冠へ

 レディース決勝戦は、武庫川女子大学ジェントルブリーズ(関西学生2位)対神戸大学ルークス(関西学生1位)の、珍しい関西学生対決。
 試合の主導権を握ったのは武庫女だった。1Q6分、QB片山からWR吉田へのパスが決まり先制(PAT成功)。2Q3分には、ゴール前まで攻め込まれた が、ここでLB福本がインターセプトして60ヤードのリターン、13対0とした(PAT失敗)。その後互いに1TDを加え、20対6と武庫女優位で前半を 折り返した。
 後半は一転して攻め合い、33対20と神戸が追い上げた3Q終盤に、武庫女にビッグプレーが出た。ゴール前でDB上西がインターセプト、60ヤードを走 り切って(PAT失敗)、39対20。さらに直後の守備でもDB伴が、この日チームとしては3つ目のインターセプト、再び独走TDをあげ(PAT失敗)、 45対20と差を広げ、これで勝負の大勢が決まった。4Q終盤に、神戸が14点をあげる猛反撃を見せたが、3被インターの差は大きく、52対40と武庫女 が逃げ切った。 
  武庫女は西日本予選の雪辱を果たし、2年ぶり3回目の優勝。武庫女はプリンセス、さくら、シュガーと3大ボウルで連続優勝となった。
  MVPとなった武庫女主将のC&LB深見理絵(4年)は
 「春のリーグで(神戸に)負けて、もう一度やり直そうとチームで誓いました。先輩方が抜けて、QBやCが今年からの選手が多かった中、チームワークで優勝できたと思います」
  準決勝で26対27と1点差で武庫女に敗れた関西アウィリーズ(関西一般1位)は、少数(8人)をカバーしたチームワークは出色。神戸に14対20と 1TD差で下ったヘイルメイリー(関西一般2位)も試合巧者は特筆できる。全チーム1回戦退となった関東勢だが、日大クールズ(関東2位)はパスミス、ワ ンパック(関東1位)のスロースタートが惜しまれた。1TDに終った郡山女子大(東北)だが、近年の急速な進歩は今後が楽しみ。

リベンジャーズのリベンジ

  オープン1回戦、FCジャンブル(西日本2位)対つくし野コルポンズ(東日本3位)は、前半を8対7で折り返すが、3Qにジャンブルが2TDを決め、22 対7で勝ち上がり。広島オイスターズ(西日本3位)対オヤンズ(東日本2位)は、後半に反撃を受けたオヤンズが逃げ切り28対20で勝利。準決勝の、東京 リベンジャーズ(東日本1位)対ジャンブルは、昨年度の決勝の再現だったが、攻撃、守備共に機能したリベが前半で26対0と突き放し、後半のジャンブルの 反撃を2TDに抑え、26対14で完勝した。オヤンズ対ライズ2003(西日本1位)は好試合となり、決着は終了間際までもつれ込んだが、32対28でオ ヤンズが決勝初進出を決めた。
  関東対決となったオープン決勝は、リベンジャーズが危なげない試合運びでオヤンズを抑え、SB9度目の優勝を果たした。1Qは守備戦で0対0、2Qでは攻 めあって14対14。均衡が崩れたのが3Q。1分20秒、リベはQB清水からWR大坪への40ヤードパスで攻め込み、ゴールライン前3ヤードからWR大坪 にTDパスを決めた(PAT成功)。さらに4Q、清水のテンポ良いパスで2TD。LB矢野などのラッシュが効果的な守備で、オヤンズに得点を許さず、38 対14。リベが2年ぶりに王者に返り咲いた。
 なお、今回大会はインフルエンザの感染予防に、スタジアム入口でのアルコール消毒やマスクの準備など、万全の対策で対応した。(石井雄基)

 レディースMVPは、深見理絵(武庫川女子)。ベストメンバーは、伴裕子(武庫川女子)、野村佳代、西古千里(以上、神戸大)、合田有希(アウィリーズ)、森井保子(ヘイルメイリー)、山口博代(日大)。

 オープンMVPは寺町修二(リベンジャーズ)、ベストメンバーは、大坪陽介(リベンジャーズ)、千野泰洋(オヤンズ)、関舎智行(FCジャンブル)、大嶋健吾(ライズ2003)、山本智之(コルポンズ)、野崎亮彦(広島オイスターズ)。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

アンジェリック、7年ぶり2度目のSBV
オープン優勝はFCジャンブル

雨天の開催となった第17回シュガーボウル(2008年5月31日、横浜スタジアム)

  TOUCHDOWN杯争奪タッチフットボール日本選手権『第17回シュガーボウル』は2008年5月31日(土)、レディース8チーム、オープン6チーム を集め、雨天の横浜スタジアムで開催された。レディースは1回戦のワンパック(関東1位)を1TD差で下し、準決勝では武庫川女子大(関西学生1位)をト ライフォーポイント合戦(1対0)で下したアンジェリックアラムニー(関西一般女子2位)がヘイルメィリ(関西一般女子1位)を27対14で下し、7ぶり 2度目の優勝。オープンはFCジャンブル(西日本1位)が東京リベンジャーズ(東日本1位)を32対26で下し、3年ぶり4度目の優勝を遂げた。最優秀選 手にはWR/CB徳山縁(アンジェリック)とQB有川大介(ジャンブル)が選出された。

アンジェリック、7年ぶりシュガー制覇! 
 
 決勝はアンジェリック対ヘイル、関西一般女子の対決となった。第1Q5分34秒、ヘイルはQB桑田からWR森井へ11ヤードのTDパスが成功(PAT成 功)し先制。第2Q、アンジェはQB長岡からWR徳山、C町田へのパスでゲインを重ね、1分3秒、G坂口へのパスでTD(PAT失敗)。5分19秒には徳 山への2ヤードTDパスが決まり(PAT成功)13対7と逆転。その後、6分45秒にもG山下へのパスでアンジェはTD(PAT成功)をあげ引き離しにか かるが、ヘイルは8分、森井へのパスで貴重なTD(PAT成功)をあげ、前半を20対14、アンジェのリードで終える。第3Qは一進一退が続き両チームと もに無得点。第4Q2秒、アンジェは長岡からWR本郷へのTDパスが成功(PAT成功)し、27対14。ヘイルは桑田からC濱口、G泉へのパスで攻め込む がアンジェの守備に阻まれTDをあげることが出来ず試合終了。アンジェは7年ぶり2度目の優勝を遂げた。最優秀選手は決勝で3捕球16ヤード1TD1イン ターセプトの記録を残した徳山縁。
 注目されたワンパックは、1回戦でアンジェに1TD差で敗れた。武庫川は準決勝のアンジェ戦で粘りを見せたがトライフォーポイント合戦で敗れ準決勝で姿 を消した。慶応大(関東2位)は郡山女子大(東北)には勝利したものの、準決勝ではヘイルに惨敗。成城大(関東3位)は1回戦で武庫川に敗れ、ユニコーン ズ(関東4位)も終盤追い上げを見せたが1回戦でヘイルに敗れた。

ジャンブル、東西対決に勝利!

  オープンは、東日本及び西日本の代表3チームが頂点をめぐる熱戦を繰広げた。昨年の覇者東京リベンジャーズ、バトルアルマジローズ、荒川ワイルドリバー ス、の東日本勢に対し、全国制覇を経験しているFCジャンブル、Rise2003、奈良マスケッターズの西日本勢がどのように挑むか、が焦点であった。 オープン1回戦Aは西日本2位の奈良は、前半7点差で折り返し、一進一退するも、19対13で東日本3位荒川で逃げ切り、準決勝にコマを進めた。オープン 1回戦Bの東日本2位アルマジと西日本3位RISEの試合は、前半アルマジが1点差でリードし、3Q終了時点で7点差を付けて4Qに入るも、Riseが逆 転、33対27で勝利し、準決勝にコマを進めた。オープン準決勝Aは、東日本1位のリベが西日本2位奈良に前半22点差を付け、その後も終始試合をリード し、28対12で昨年に続き、決勝進出。オープン準決勝Bは、西日本勢同士の対戦となった。西日本1位のジャンブルは、西日本3位Riseに前半6点差の リードを許すものの、後半に入り、3Q、4Qに1TDずつスコアを追加し、18対12で決勝進出を決めた。
 オープン決勝は、東西両雄の対決となった。リベは、1Qに1TDを上げ先制し、2Qにも2TDを獲得、対するジャンブルは、2Qに2TDを上げ、前半を 20対16で折り返す。後半に入りジャンブルは3Q、4Qに1TDずつを上げ、リベが1TD追加するも、32対26で優勝。TD数は同一であるが、2点 TFPが明暗を分ける結果となった。MVPは要所でラン・パスを交えたオフェンスをリードしたQB有川大介。(文責:加部芳紀)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

武庫川女子大、2年ぶり2度目のシュガーボウルV
東京リベンジャーズ(オープン)、8度目の優勝 

13チーム263人が参加した第16回シュガーボウル(2007年6月2日、横浜スタジアム)

  第16回シュガーボウルTOUCHDOWN杯争奪タッチフットボール日本選手権(主催 日本タッチアンドフラッグフットボール協会 NPOフットボールジャパン/主管 関東オープンタッチフットボール連盟 関東女子タッチフットボール連盟/後援 TOUCHDOWN)は2007年6月2日(土)横浜スタジアムで13チーム263名を集めて開催された。  
 レディース部門は武庫川女子大学ジェントルブリーズ(関西学生1位)、オープン部門は東京リベンジャーズ(東日本1位)が優勝を飾った。   
 レディース決勝は、ユニコーンズ(関東2位)、アンジェリックアラムニー(関西一般2位)を下した武庫川とスパークス(関東3位)、鳴門教育大(中四国 代表)を下した関西アウィリーズ(関西一般1位)の関西対決となった。第1Q、QB大町の14ヤードラン(PAT失敗)で先制した武庫川に対し、アウィは QB東本の2ヤードラン(PAT成功)でTD。1Q終了間際、大町からWR合田へ31ヤードのTDパスが成功(PAT成功)し、武庫川が13対7とする。 第2Qは両チーム無得点。第3Q、5分45秒、東本からWR平安名への4ヤードパスでTDをあげたアウィはPAT失敗で13対13。第4Q、45秒、大町 がWR松下へ11ヤードTDパスを決め武庫川が19対13。武庫川は攻め込まれるもCB伴のインターセプトもあり守りきり、2年ぶり2度目の優勝をとげ た。最優秀選手には3試合11捕球130ヤードを獲得した武庫川WR合田有希が選出された。
 オープン決勝は、昨年のシュガーボウル覇者で2連覇を狙うレーザービーム(東日本2位)と東日本予選1位の東京リベンジャーズの対戦なった。レーザーは 1回戦の対関西アウィリーズ(西日本3位)戦を28対25、準決勝の対FCジャンブル(西日本1位)戦をPAT合戦(3対2)で下し、決勝進出。リベは、 準決勝のライズ2003(西日本2位)を39対26で下し、決勝に駒を進めた。26対24でレーザーを下したリベは4年ぶり8度目の優勝。最優秀選手には リベQB清水一人が選出された。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

史上初!シュガーボウル関東二冠
ワンパック、レーザー共に初優勝

06SB開会集合写真 2006SB初優勝のレーザービーム
06SB決勝決勝TDラン脇坂 06SB女子ベスト6
06SBオープン決勝犬塚ラン 06SBオープンベスト6
06SB決勝PATレシーブ岡本  06SB決勝40高木TDラン  06SB決勝35QB桑田TDラン

 5月14日(日)横浜スタジアムで開催された第15回TOUCHDOWN杯争奪シュ ガーボウル(主催 日本タッチ&フラッグフットボール協会、フットボールジャパン)は、緊迫の大激戦の末、女子はワンパック(関東1位)が、オー プンはレーザービーム(関東1位)が、ともに初優勝をとげた。関東勢が二冠を獲得したのは、史上初(西日本不参加の第1回オープンは除く)。
 開始直後からワンパックとヘイルメイリ(関西1位)の激しい点の取り合いとなった女子決勝、20対20で迎えた第4Qに、QB脇坂、岡本であげた7点差を堅守で守りきったワンパックが歓喜の初優勝をとげた。MVPは3試合で7tdをあげた岡本祥公子(ワンパック)。
 オープンも熾烈な展開だった。準決勝でジャンブル(関西2位)を41対40と僅差で下したレーザービーム(関東1位)が、決勝でも強豪リベンジャーズの 猛烈な追い上げに耐え、終了直前の劇的なTDレシーブで強豪リベンジャーズを35対32で下した。MVPは、絶妙なパスと効果的なスクランブルが光った QB犬塚真一(レーザービーム)。
 第15回を迎えレベルアップと同時にステップアップ、タッチフットボールは東西均衡の時代を迎えた。

 

back

  武庫川初優勝、ジャンブルは3度目!
第14回シュガーボウル



  前 半20対7とリードしたが、後半はスピリッツが堅守を軸に猛反撃、第4QにはQB脇坂のパス、オンサイドキックなどで1点差に詰め寄られた。逆転を狙った スピリッツの自殺点で結局32対25と7点差をつけたが、薄氷の勝利。決勝では、教訓を活かし、QB桑田が適確な判断で攻撃リズムを作り、聖和大を36対 9と突き放した。西高東低が続くが、東のレベルアップも順調で、1回戦はユニコーンズ、成城の健闘で好試合が連続、スピリッツ対アウィリーズは大会史上2 度目のタイブレーク(サドンデスTFP合戦)にまでもつれ込んだ。MVPは桑田有歌(武庫川)。
  オープンは、FCジャンブル(西日本2位)が、決勝でスレイズ(西日本3位)を26対13で下し、5年ぶり3度目のSB優勝を果たした。QB有川の冷静な 投走を核にするセンス溢れた攻守で、とくにMVPのWR柴橋正和の集中力が光った。優勝候補のリベンジャーズはパス攻撃に決め手を欠き、準決勝で敗退し た。
    なお、今大会は負傷が目だった。捕球に飛び込む危険な行為が原因で、大会終了後、各チームに安全指導の確認が求められた。
   SugarBowl2005(主催 JTFA・フットボールジャパン、後援 TOUCHDOWN)は、6月4日(土)全国から324人の選手が参加して、時折雨がぱらつく横浜スタジアムで開催された。
   レディースは、武庫川女子大ジェントルブリーズ(関西学生1位)が安定した攻守で初優勝した。関門は、準決勝の対スピリッツ戦だった。
back

  西日本、強し−第13回シュガーボウル
アウィリーズ、サンダ―ヘッド優勝
2004年6月19日
   5月15日(土)快晴の横スタで開催された第13回TOUCHDOWNシュガーボウルは、西高東低。関西代表がフィールドをわがもの顔で走り回った。
  レディースでは、アウィリーズ(関西一般1位)が安定した戦いで、2年振り2度目の優勝を果たした。QB東本の正確なパスと要所でのランは健在、C市川 (MVP)を筆頭にチームプレーに徹するメンバーに死角はなかった。3試合で失点18がその証明。しかし、大会としては、1回戦で優勝候補といわれた慶応 をはじめ関東勢がそろって敗退、興味は大きく削がれた。今大会で西日本勢は12連覇となった。
 

  オープンは、聖和大(西日本2位)が3連覇を狙う東京リベンジャーズに4Q逆転勝ち、その勢いを決勝に生かし、西日本大会で完敗したジャンブルに20− 12と雪辱、初優勝をとげた。荒削りだが、QB大屋(MVP)を中心にした決定力は出色だった。東では初出場の松本ピークスの健闘が光った。

back