連覇を狙う『モンタナ二世』ブレイディ
2004年開幕!推薦はカウボーイズ対レヴブンズ

   ペイトリオッツ(AFC東)黄金時代の到来か。米国NFLは、9月9日(木)コルツ@ペイトリオッツで開幕、延べ17週(各16試合)のレギュラーシーズンを経て、05年1月8日(土)からは、AFC、NFC各上位6チームによるポストシーズンへ。チャンピオンを決定する第39回スーパーボウルは2月7日(日)フロリダ州ジャクソンヴィルのオールテルスタジアムで開催される。サラリーキャップ制などで公平な競争を志向するNFLは、過去5年連覇したチームはいない。昨季より15連勝でシーズンインする、覇者ペイトリオッツが新時代の幕開けに挑戦する。モンタナ2世といわれる、人気QBブレイディの指揮にも注目だ。米国メディアの優勝予想も、ペイトリオッツ(アスロン誌)、チーフス(AFC西、リンディ誌)、コルツ(AFC南、週間プロフット)、ブロンコス(AFC西、スポーティングニュース)とバラバラ。
 日本唯一の月刊NFL誌『PRO』はペイトリオッツ、日本唯一のアメフット月刊誌『TOUCHDOWN』はイ
  ーグルス(NFC東)。
  私は、オールテル出場に、カウボーイズ(NFC東)とレイ
ヴンズ(AFC北)を推薦したい。カウボーイズ優勝となれば9年ぶり6度目、レイヴンズは4年ぶり2度目となる。プレーオフ出場は、AFCは、東地区はペイトリオッツ、北はレイヴンズ、南からコルツ、タイタンズ、西はブロンコズ、チーフス。NFCは、東がイーグルス、カウボーイズ、北のヴァイキングス、パッカーズ、南はパンサーズ、西はシーホークス(詳細は8月30日発売PROをご覧下さい)。(後藤完夫)