トラッピーズが優勝

JFLAG2011東日本大会

JFLAG2011東日本大会(2月27日、鹿島柴崎グラウンド)



ベスト5。左から渡会あかね(ユナイテッドブルー)、安田友香(トラッピーズ)、石川千加(メトロポリタンズ)、辻村明日香(ヴァリエンテス)、遠藤未樹(レインボウズ)

右から1位FFFCトラッピーズ、2位辰巳メトロポリタンズ、3位ヴァリエンテス、4位柏レインボウズ


MVPの栗原百合江(トラッピーズ)

 快晴の2月27日(日)、JFLAG2011東日本大会(主催 NPOフットボールジャパン、後援 鹿島ディアーズ、TOUCHDOWN、明治製菓ザバス)が鹿島ディアーズ柴崎グラウンドで開催され、15チーム計224人が熱い戦いを繰り広げた。
  優勝はFFFCトラッピーズ、2位は辰巳メトロポリタンズ、3位はヴァリエンテス、4位は柏レインボウズ。上位3チームが3月20日に王子スタジアムで開催される全国大会へ進出する。トラッピーズは、05年から全国大会に出場し続けた川崎タイガースとホッピーズが合併したチーム。トラッピーズとして2年連続の出場となる。
  最優秀選手は栗原百合江(トラッピーズ)が受賞。ベスト5に辻村明日香(ヴァリエンテス)、石川千加(メトロポリタンズ)、渡会あかね(ユナイテッドブルー)、遠藤未樹(レインボウズ)、安田友香(トラッピーズ)が選出された。(石井雄基)

 大会結果の詳細はこちら

back