サマーフラッグ絶好調!西のベスト4

AFLAG2010西日本大会

AF2010西日本大会予選出場23チーム(2010年8月21日(土)王子スタジアム)

AF2010西日本大会決勝出場16チーム(2010年8月22日(日)王子スタジアム)

西日本ベスト4。左からジュベナイルズ、マナティーズ、ワイセンベルグ、ドルフィンズ

優秀選手受賞者。左から平安名美奈(ウィングス)、相川美穂(ワイセンベルグ)、桑原友紀(ドルフィンズ)、野上紗恵(ジュベナイルズ)、吉田優子(ポラリス)

MVPの田部井千夏(マナティーズ)

 8月21日(土)と22日(日)、第12回5人制ミックス・フラッグフットボール夏季選手権AFLAG2010西日本大会(主催 NPOフットボールジャパン、後援 日本テレビ放送網・明治製菓ザバス)が、王子スタジアム(神戸市)で開催された。開催日は快晴で35度を超える猛暑となったが、暑さに負けず選手達はフィールドで元気に好プレーを連発した。出場23チームから、8月29日の全国大会に出場するベスト4は、金沢ワイセンベルグ、京都ジュベナイルズ、神戸ワールドドルフィンズ、三都マナティーズに決定した。
 出場決定戦ではワイセンは相川(美)がチーム得点の半分となる13点をあげる活躍でウィングスに26対20に競り勝ち、ジュベが落合(マコ)、野上(紗)、佐藤(和)らへの的を絞らせないパスでヒートレーズに37対13で快勝した。また、ドルは桑原(友)がQB、WRで活躍しエレファンツに42対24で勝利、マナは短いパスを中心とした堅実な攻撃でポラリスを27対6で下した。
 ベストファイブに選出されたのは平安名美奈(ウィング)、相川美穂(ワイセン)、桑原友紀(ドル)、野上紗恵(ジュベ)、吉田優子(ポラ)。
 MVPを受賞した田部井千夏(マナ)は、「2ヶ月前から作戦のミーティングをして試合に臨みました。チームとしては練習の成果を出し、自分はパスは必ずキャッチすることを心がけていました」と話し、「私にとって初の全国大会で、関東の選手と初めてプレーをします。どんな試合になるのか凄く楽しみです」。(石井雄基)

大会詳細はこちら

back