メトロ、初の全国へ

AFLAG2010東日本大会

AFLAG2010東日本大会(2010年7月24日、日産フィールド小机)


初参加のマカサブレシェイカーズ

東日本ベスト4チーム。左からトラッピーズ、ビーダッシュ、バグース、メトロポリタンズ

ベストプレイヤー受賞者。左から福田珠里(ビーダッシュ)、増永文子(レインボウズ)、佐々木和佳(ヴァリエンテス)、梶本美佐子(バグース)、石川千加(メトロポリタンズ)

MVPの井浦綾子(トラッピーズ)

 

 7月24日(土)と25日(日)、第12回5人制ミックス・フラッグフットボール夏季選手権AFLAG2010(主催 NPOフットボールジャパン、後援 日本テレビ放送網・明治製菓ザバス)が、日産フィールド小机(横浜市)で開催された。両日共に快晴で30度をこえる中、計15チームが出場、8月29日の全国大会に出場するベスト4は、FFFCトラッピーズ、辰巳メトロポリタンズ、虎ノ門バグース、ビーダッシュに決定した。
 メトロは新加入したQB磯野の脚力を生かしたランを中心に第1戦でユナイテッドブルーに81対6と大勝。出場決定戦ではヴァリエンテスを51対28で退け、初の全国大会出場を決めた。
 残る出場決定戦では、まずビーダッシュが守備に的を絞らせないパスでレインボウズに37対19で勝利。バグースは堅実なパスで35対19でトルペードスを下した。トラッピーズは守備が健闘しスピードあるラッシュで5本のセフティを奪い、33対6でヤーギーズを下した。
 勝ち上がりのエキシビジョンで、トラとメトロの試合は終了直前まで四転五転する伯仲の展開の末、40対35でメトロが勝利した。なお、ビーダッシュとバグースが全国出場を辞退、代替としてレインボウズとヤーギーズが出場する。
 今大会は明治製菓ザバスが中心となって結成したマカサブレシェイカーズが初出場した。
 MVPは井浦綾子(トラッピーズ)が受賞。ベストプレイヤーには、石川千加(メトロ)、福田珠里(ビーダッシュ)、増永文子(レインボウズ)、梶本美佐子(バグース)、佐々木和佳(ヴァリエンテス)が選ばれた。スポーツパーソンシップアワードには青柳直子(ヤーギーズ)が選出された。(石井雄基)
 

back