トマトケチャップ東日本初優勝
AFlag2006

2006AFlag東日本大会(8月5日、ニッサンフィールド小机)

 

AF東日本で優勝したトマトケチャップ(黄色)とその仲間たち

 快晴のAFlag東日本大会でトマトケチャップが初優勝をとげた。
 全国大会へ進む4チームのうち唯一の初出場、川崎タイガース(2位)、バリエンテス(3位)、中野バグース(4位)と共に、ヤングパワーで全国制覇に挑戦する。
 8月5日(土)、6日(日)、横浜市ニッサンフィールド小机で開催された第8回5人制フラッグフットボール(ミックス)夏季選手権「AFlag2006」(主催NPOフットボールジャパン、後援 日本テレビ、明治製菓SAVAS)東日本大会には、22チーム376人が出場、33度Cを越える快晴の下、熱戦を繰り広げた。
 予選となった第1日は、地元Jリーグの横浜F・マリノスも出場、会場を盛り上げた。
 16チームがトーナメント戦を行った第2日は、1回戦でビーダッシュ対ホッピーズ、アミノハウス対レッドサーモン、ザファースト対バグースなど若手対ベテランの好試合が連続した。全国大会出場がかかった2回戦では名門ユナテッドブルーが中野バグースにスピード負けして脱落、結局、試合巧者タイガースが33対20でビーダッシュを、要所をしめたバリエンが20対13でアミノを下し、若手はエイシンズに42対19で圧勝したトマトだけとなった。準決勝、アメフ系の対戦は大谷、井浦、高橋、坂野の女子が活躍したタイガースが33対7でバリエンを下し、平塚、川窪、能城の女子が活躍したトマトがバグースを25対19で下した。
 決勝はタイガースが後半猛迫、残り時間零のトライで同点を狙ったが失敗、トライで平野のあげた1点差を守りきったトマトが初優勝をとげた。MVPは平塚乃梨(トマトケチャップ)、男子MVPは成田圭佑(トマトケチャップ)。なお後援のSAVAS提供のプロテイン飲料AQUAが対暑対策に効果をあげた。

 西日本大会は8月19(土)、20日(日)、全国大会は8月27日(日)いずれも神戸王子スタジアムで開催する。

 詳しい結果は主たる大会記録をご覧下さい。(クリックで移動できます)

back