WHS初優勝、バグースあと一歩

「JF2006」5人制フラッグフットボール(ミックス)第8回冬季日本選手権


WHSのQB色摩を追うホッピーズの木島(2月19日(日)横浜スタジアム)

 『JF2006』5人制フラッグフットボール(ミックス)第8回冬季日本選手権(主催 NPOフットボールジャパン、後援 Jリーグ・日本テレビ放送網、後援 明治製菓)全国大会は、代表8チームが参加して、2月19日(日)曇天の横浜スタジアムで開催され、関東WHS(東日本)が初優勝、2位は中野バグース(東日本)、3位は下鴨ヒートレーズ(西日本)、以下、D7うなぎ(東海)、東尾久ダンデライオン(東日本)、尼崎チャレンディーズ(西日本)、新橋ホッピーズ(東日本)、広島タイニーラクーンズ(中国四国九州)の順となった。
  最優秀選手は攻守に活躍した市来詩織(関東WHS)、ベスト5は冷静な動きの丸山美香(関東WHS)、活気溢れた動きでチームを支えた長谷川弥生(中野バグース)、チーム復活を支えた雑賀里紗(下鴨ヒートレーズ)、長身を利した捕球をみせた辻優子(D7うなぎ)、初出場のチームを引っ張った土井彩(東尾久ダンデライオン)。

back