バリ、柏、メトロが全国大会へ!

JFLAG2012東日本大会

JFLAG2012東日本大会(2月26日、鹿島柴崎グラウンド)


今大会よりマウスピース着用を徹底したことで負傷者が激減

 

フィールドに大声援を送ったe-kidsフットボールのジュニアたち


MVPの筧慎吾(ビーダッシュ)、竹井明日香(バリエンテス)

ベスト5。左から福田珠里(ビーダッシュ)、遠藤未樹(レインボウズ)、村谷麻衣(バグース)、安光真理子(新百合ケ丘ダイヤモンズ)、石川千加(メトロポリタンズ)


 

 2月26日(日)、第14回JFLAG2012東日本大会(主催 NPOフットボールジャパン、後援 TOUCHDOWN、鹿島ディアーズ、協賛 明治ザバス)が快晴の鹿島柴崎グラウンドで行われた。9チーム127名の選手が寒風を吹き飛ばす溌剌としたプレーで、フィールドを盛り上げた。 
  9チームを3チームずつに分け、ブロックごとにリーグ戦を行い、バリエンテス(全国大会14回目の出場)、柏レインボウズ(5回目)、ビーダッシュ荒川が全勝でブロック1位となった。ビーダッシュは全国大会を辞退。辰巳メトロポリタンズ(4回目)が代替チームで出場する。
 初出場のe-kidsフットボールはシニア、ジュニアが所属。年齢制限のためジュニアは出場しなかったがサイドラインから選手に大声援を送っていた。
 最優秀選手は筧慎吾(ビーダッシュ)、竹井明日香(バリエンテス)、ベスト5は福田珠里(ビーダッシュ)、遠藤未樹(レインボウズ)、村谷麻衣(バグース)、安光真理子(新百合ケ丘ダイヤモンズ)、石川千加(メトロポリタンズ)が受賞した。
 今大会より、選手のさらなる安全確保のために全選手がマウスピースを着用。「マウスピース着用により、負傷者が激減した」(月村達雄公認トレーナー)。
 3月4日(日)に名城大学第1グラウンドで東海大会が開催される。(石井雄基)

 

back