さあ、Show the Flag!
4月、FFJJ正式スタート

2004年4月24日
   全国8代表が参加した決勝大会は2月21日川崎球場で行われ、東京ユナイテッドブルーが優勝した。第6回を迎えた昨04年度は、全国6会場に70チーム1054人が出場、うち35%の365人が女性選手となっている。
  A Flag(夏季)は、全国20チーム321人が参加して、99年8月、横浜国際総合競技場の2会場で第1回を開催した。第5回の昨年は、40チーム631人が出場している。来る8月には、関東、関西2会場で各2日の大会を予定している。
  アメリカンフットの普及振興を意識してアメリカンと同時期を避け、夏冬をシーズンとしてきたが、日本アメリカンフットボール協会主催の大会に習い、今後は春秋での大会開催も検討していく。
  FFJの正式発足に伴い、安全を優先して、今2004年4月より大会出場はFFJ加盟が必要となった。これまでは大会別に出場を募っていた(詳細は加盟案内に掲載)。
  1世紀型のフィットネススポーツを意識して、公式競技は男女が同じフィールドでプレーする5人制ミックス競技。主要な大会は、冬季『J Flag』と夏季『A Flag』の、2つの日本選手権だ。J Flag(冬季)は、『地域に根付いたスポーツクラブ作りを促進する(社)日本プロサッカーリーグ=Jリーグの趣旨に賛同、同リーグの後援をうけて99年1月に開始した。 全国的普及を目的に、第1回は京都パープルサンガ、ジェフ市原、横浜マリノス、アビスパ福岡の全国4会場で地域大会を開催、計48チーム、496人が参加した。
   フラッグフットボール初の本格的競技団体フラッグフットボールジャパン(略称FFJ、東京都港区)が正式結成され、04年4月から公式活動を開始した。発足したのは6年前と歴史は古く、日本フラッグフットボール界の歴史を築いてきた。
   98年に『誰でも安全にプレーを楽しむ』をテーマにコミッショナー本部を創設、日本タッチアンドフラッグフットボール協会の指導を受けて数々の全国大会、講習会を重ねてきた。

back