第1編 試合

第4章 装具
1、ユニフォーム
 同一チームの選手は、同一色で同一デザインのジャージー(上衣)とパンツを着用せねばならない。ジャージーはすそをパンツに入れなければならない。膝を完全に覆うサポーターを着用するのが望ましい。
2、番号
 全ての選手のジャージー背部には、明確に識別出来る1番から99番までの番号を付けなければならない。数字の大きさは幅20センチ、高さ30センチ以上が望ましい。同一チームの、同じ番号の選手が、同一ダウンにフィールドに出場してはならない。相手を混乱させる目的で試合途中に番号を変更してはならない。
3、フラッグ
 全ての選手は、2枚のフラッグを持つ公式フラッグベルトを腰に着用しなければならない。フラッグのサイズは幅約5センチ、長さ約36センチ。フラッグは腰の左右に吊り下げ、引くとベルトから外れる構造でなければならない。
4、靴
 ゴム底の靴を着用しなければならない。ただし、審判が適正と認め、対戦チームが合意した場合は、合成樹脂底の靴を使用をすることが出来る。
5、危険な装具
 相手や自分自身を傷付ける恐れのある装具等を着用してはならない。
6、マウスピース
 選手との接触、転倒による負傷を予防するために、マウスピースの着用を推奨する。マウスピースは識別可能な有色 が望ましい。
7、不正な装具
 上記1、2、3、4の条件を満さない装具は不正な装具で着用してはならない。特別な理由で着用が必要な場合は、出場前に審判に申告して、その装具が安全であることの承認を受けねばならない。不正な装具の着用、又は1、2、3、4の必要な装具を着用していない場合は、そのチームはチーム・タイムアウトをとり、選手に正しい装具を着用させねばならない。タイムアウトがない場合は不正な装具の反則、5ヤードの罰退である。

back