第10編 審判員 権限と任務

第1章 共通の任務
1、審判員の権限
 審判員の権限は、コイントスで始まり、レフリーの最終得点の宣言で終了する。
2、審判員の数
 試合は通常2名の審判員で行う。試合によってはそれ以上の場合もある。
 2名で行う場合は、レフリー、ラインズマンで構成され、1名の場合はレフリーのみである。
3、審判員の資格
 審判は日本タッチアンドフラッグフットボール協会公認審判員又は協会が特に認めた者が行う。
4、審判員の責任
 審判員は公式規則に精通し、規定を適用、攻撃のヤード、ダウン数、タイムアウトの数、を正確に知り、ボールデッドの宣言、得点の認定、試合時間の管理、正しいシグナルを行う責任がある。審判は反則と認めた行為に対してファウルマーカーを出し、プレーヤーのナンバーを、コーチに報告せねばならない。
5、装備
 審判員は別に定めたユニフォームを着用、ホイッスル、反則を示すファウルマーカー、フィールドの重要な位置を示すマーカー、反則を記録するゲームカード、及びダウン記録具、時計を使用せねばならない。


back