第9編 罰則

第3章 施行方法
1、地点
 施行地点は、プレビアス・スポット、反則地点、サクシーディング・スポット、プレー終了の地点である。
 規則に特に規定されていない場合は、以下が罰則の施行する起点となる。
2、施行手順
 ランプレー、パスプレーのいずれの場合も、攻撃チームの反則地点が起点より手前の場合には、反則地点から罰則を施行する。
 (1)プレー終了がニュートラル・ゾーンを越えた、ランプレー中の反則に対する罰則の起点は、プレー終了の地点である。ただし、攻撃チームの反則地点が起点より手前の場合には、反則地点から罰則を施行する。
 (2)プレー終了がニュートラル・ゾーンの手前となった、ランプレー中の反則に対する罰則の起点は、プレビアス・スポットである。ただし、攻撃チームの反則地点が起点より手前の場合には、反則地点から罰則を施行する。
 (3)ニュートラルゾーンがない場合(インターセプト後、キック後)、ランプレー中の反則に対する罰則の起点はプレー終了地点である。ただし、攻撃チームの反則地点が起点より手前の場合には、反則地点から罰則を施行する。
 (4)フォワードパスプレー中の反則に対する罰則の起点は、プレビアス・スポットである。ただし、攻撃チームの反則地点が起点より手前の場合には、反則地点から罰則を施行する。
3、ハーフ・ディスタンスの施行手順
 いかなる距離罰則も施行地点から反則チームのゴールラインまでの距離を越えない。

back