第8編 得点

第4章 セフティー
1、セフティー
 (1)守るべきゴールライン上または後方で、選手が確保しているボールがデッドとなった場合あるいはボールがアウト・オブ・バウンズとなった場合、ボールがゴールラインを越した責任がそのエンドゾーンを守っているチームにあ  れば、セフティーである。
  以下の場合で、相手に得点2点を与える。
  @守るべきエンドゾーンでフラッグを取られた場合。
  Aファンブルあるいはスナップしたボールが、守るべきエンドゾーンのグラウンドに触れるかあるいはアウト・オブ・バウンズに出た場合。
  Bボールキャリアが、守るべきエンドゾーン内から直接アウト・オブ・バウンズに出た場合。
  Cその他、レフリーがセフティーと判断した場合。
2、セフティーの次のプレー
 セフティーの次のプレーは、得点されたチームの5ヤードラインから、得点されたチームがスナップを行う。

back