第8編 得点

第3章 トライ
1、トライ
 トライは、タッチダウンの6点を得たチームに与える、追加の攻撃機会で、1回だけのスクリメージダウンである。この間は試合時間に含めない。
 (1)トライは、相手5ヤードラインまたは12ヤードラインからスナップで開始する。攻撃チームはどちらかを選択して審判に通告する。
 (2)トライがタッチダウンとなれば、サクセスフル・トライで以下の得点が追加される。
  5ヤードラインからのタッチダウン 1点
  12ヤードラインからのタッチダウン 2点
 守備チームがインターセプト或いはファンブルをキャッチしてタッチダウンすれば、守備チームに1点が与えられる。
2、トライの終了
 トライは次の場合に終了する。
 (1)タッチダウンをした場合(上記第3章1参照)。
 (2)攻撃チームが、ロスオブダウンの罰則のある反則を犯した場合。
 (3)攻撃チームのファンブルを、ファンブルした選手以外の攻撃選手がキャッチした場合。
 (4)ルールによりプレーが終了した場合。
3、トライ中の反則
 トライの間に反則が発生した場合、以下のように施行する。
 (1)両チームに反則があったら、トライをやり直す。
 (2)得点に成功したトライ中に守備が反則した場合、その罰則を続くスナップで適用することができる。
 (3)得点に成功したトライ中に攻撃が反則した場合、自動的にトライは終了して、罰則をキックオフに適用する事は出来ない。
 (4)トライ終了後の反則は続くキックオフで施行する。
4、トライの次のプレー
 トライの次のプレーは、スナップである。6点のタッチダウンをされたチームのキャプテンが、いずれのチームがスナップを行うかを選択、レフリーに宣言する。

back