第1編 試合

第2章 フィールド
1、フィールド
 フィールドは、原則として、30ヤードのエンドライン(短辺)、60ヤードのサイドライン(長辺)で囲まれた長方形である。ただし、会場に応じて、短辺及び長辺の距離を変更することが出来る。フィールドは10センチのラインで引き、ラインはフィールドに含まない。長辺両端のエンドライン、ゴールライン、サイドラインに囲まれた地域がエンドゾーン(短辺30ヤード、長辺10ヤード)である。両ゴールラインと両サイドラインで囲まれた地域がフィールド・オブ・プレーである。ゴールラインはエンドゾーンに含まれる。
2、ミッドフィールドライン
 フィールド・オブ・プレーには、ミッドフィールドラインとして、フィールド・オブ・プレーの長辺の中間地点に、ゴールラインに平行なヤードラインをひかねばならない。
3、ノーランニングゾーン
 フィールド・オブ・プレーには、ゴールラインの手前5ヤードおよびミッドフィールドラインから両方向へ5ヤードの地点 に、ゴールラインに平行なヤードラインをひかねばならない。攻撃チームは、ミッドフィールドラインの手前の5ヤードラインからミッドフィールドラインまでの地域、ゴールライン手前の5ヤードラインからゴールラインまでの地域では、ランニングプレーを行なってはならない。これらの地域はノーランニングゾーンである。
4、インバウンズライン
 両ゴールラインの中間地点に両ゴールラインを結ぶインバウンズラインを破線で引き、全てのプレーはインバウンズライン上から始めなければならない。
5、チームエリア
 10ヤードライン間の、サイドラインの3ヤード外側に、チームエリアを設ける。試合中、ユニフォームを着用した交代選 手及び登録されたチーム関係者はチームエリアにいなければならない。選手及びチーム関係者以外はチームエリアに入ってはならない。
6、7ヤード・マーカー
 ニュートラルゾーンから7ヤードの地点を明示するマーカーを設置するのが望ましい。この7ヤード・マーカーは、ダウン開始前に、ボールの位置に応じて移動させる。スナップ時に7ヤード・マーカーの手前にいる守備プレーヤーは、ニュートラルゾーンを越してボールキャリアのフラッグをとることが出来る。

back