第7編 規制される行為

第2章 ノンコンタクト・ファウル
1、全ての選手はスポーツマンらしからぬ行為をしてはならない。(反則 スポーツマンらしからぬ行為 罰則 サクシーディング・スポットから15ヤード。ひどい反則者が選手、交代選手なら資格没収)
 特に禁止される行為は以下のとおりである。
(1)ルールに従わねばならない全ての者は、選手や審判に対し口汚ない言葉や侮辱的な言葉を使用してはならない。又、審判員に故意に接触してはならない。
(2)プレーヤー、交代選手は相手を刺激するような、或いは試合の品格を汚すような言動や行動をしてはならない。次の行為は禁止する。
 @相手を指差し、又手や腕を使用し挑発する行為、ボールを相手に突き付ける行為。 
 A相手を挑発する言葉を使用したり、他の方法で挑発する事。
(3)得点後、又その他のプレー終了後、ボールを確保していた選手はボールを審判に渡すか、プレーの終わった地点にボールを置かねばならない。ボールが選手の付近にある場合は、選手は審判にボールを渡さねばならない。
 以下の行為は禁止する。
 @審判員に直ぐにボールを渡さない。
 A審判員にボールを投げつける。
 Bボールをプレーに関係なく叩き付ける。
 C空中高くボールを投げる。
 Dその他試合を遅らせる行為、スポーツマンらしからぬ言動。
(4)交代選手は、交代以外の目的で、フィールドに侵入してはならない。
2、卑怯な戦術
 プレーヤーは相手を混乱させる目的で、ボールを隠したり、交代を装ったり、装具を使用してはならない。ハーフディスタンスの規定を悪用して、反則を繰り返してはならない。

back