第7編 規制される行為

第1章、接触と妨害による行為
1、パーソナル・ファウル
 不必要な乱暴な行為は、全てパーソナル・ファウルである。全てのプレーヤー関係者はパーソナル・ファウルを起こしてはならない。以下の行為、及びその他の不必要な乱暴な行為を行ってはならない。
 (1)相手を膝で打つ事、伸ばした腕、肘、手等で殴る等すべての乱暴行為。
 (2)相手に故意に激しく接触する行為(チャージング)。
 (3)足を使って相手を引っ掛ける行為(トリッピング)。
 (4)両足をグラウンドから離した(飛びこんでの)ディフラッグおよびパスの捕球。
 (5)スナップ時に、ニュートラルゾーンから7ヤード以上離れていない守備プレーヤーが、(パサーがパスするか、ボールを渡す動作をする前に)ニュートラルゾーンを越える行為(イリガル・ラッシュ)(反則 パーソナル・ファウル  罰則は15ヤード、守備チームによる反則は15ヤードと、攻撃チームにシリーズを与える。ひどい反則者は資格没収)
2、バッティングとキッキング
 (1)バッティング
 aいかなる選手も、空中にあるパス以外のボールをバッティングしてはならない。
 bバックワード・パスを前方にバッティングしてはならない。(反則 不正なバッティング 罰則 施行起点、又はキックがあった場合はプレー終了地点から15ヤード。攻撃チームの反則はロス・オブ・ダウン)
 (2)キッキング
 選手はボールを故意にキックしてはならない。(反則 不正なバッティング 罰則 施行起点、又はキックがあった場合はプレー終了地点から15ヤード。攻撃チームの反則はロス・オブ・ダウン)
3、妨害
 ルールに従わねばならない全ての関係者(第1編第1章3)は、いかなる方法といえども、プレー中のボールや選手を妨害してはならない。(反則 ノンコンタクト・ファウル 罰則 被反則チームが最も有利となる地点から15ヤード。 レフリーは、得点を被反則チームに与える等適切と判断出来るいかなる罰則を課しても良い)
4、チームエリアの遵守
 チームエリアにいるコーチ、関係者、交代選手は、試合の間、フィールドに侵入したり、チームエリア外に出てはならない。3度目の警告からは反則となる。(反則 不正な試合の遅延 罰則5ヤード。4回目はノンコンタクト・ファウル  罰則15ヤード)

back