第6編 身体接触、ディフラッグ

第2章 ディフラッグ
1、ディフラッグ
 (1)ディフラッグとは、ボールを保持した選手のフラッグが取ることをいう。ディフラッグされた場合あるいはフラッグが落ちた場合、プレーは終了する。フラッグを着用しない選手のラン、キャッチは無効で、ランはボールに触れた地点でプレー終了、パスは不成功となる。
 (2)ディフラッグとは、守備選手が手で攻撃選手のフラッグをとる事で、下記の条件を満たさねばならない。
 @フラッグをとる時は、守備選手の両足がグランドについていなければならない(飛び込んではならない)。
 Aフラッグを取る時、ボールキャリアをつかんではいけない。
 Bフラッグを取る時、接触してボールキャリアの前進を止めてはならない。
 Cフォワードパスを投げる為にボールを持った腕が前方に動き出した(フォワードアクションに入った)ボールキャリアのフラッグを取っても有効と認められない。プレーは継続する。
 D選手の安全確保の為に、審判がプレーを終了する場合もある。(反則 パーソナルファウル 罰則は15ヤード、守備チームによる反則は15ヤードと攻撃チームにシリーズを与える。ひどい反則をした選手は資格没収・退場)
2、守備選手は、ボールを保持していない選手のフラッグを取ってはならない。
 (反則 イリガル・フラッグ・プル 罰則10ヤード)
3、スナップ時にニュートラルゾーンより7ヤード以上離れていない守備プレーヤーはニュートラルゾーンを越えてはなら ない。ただし、パサーがパスを投げるか、あるいはボールを手渡しする動作を行なった時点で、この制限は消滅する。
  (反則 パーソナル・ファウル イリガル・ラッシュ 罰則10ヤードと攻撃チームにシリーズを与える)。
4、フラッグを不正にガードする
 (1)ボールを保持した選手は、フラッグを取られるのを妨害するために、フラッグを抑えて守ってたり、攻撃選手の手を払ったりしてはならない。(反則 フラッグガーディング 罰則 プレビアススポットから10ヤードと攻撃チームにシリーズを与える)

back