第5編 スクリメージ、パス

第2章 フォワードパス
1、フォワードパス
 相手ゴールライン方向を前方と呼び、前方へのパスがフォワードパスである。フォワードパスは、攻撃チームの選手が、1回のスクリメージダウンに1回だけ、ボールがニュートラルゾーンを越える前に、ニュートラルゾーンあるいはその手 前から、ニュートラルゾーンを越えた地域に、投げる事が出来る。(反則 不正なパス 罰則 反則地点から5ヤード。 反則地点がニュートラルゾーン越えていた場合はプレビアス・スポットから5ヤード)
2、パサーの7秒ルール
 スナップを受けとる選手(パサーとよぶ)が、スナップから7秒間を経過してもボールを保持している場合、その場でプレー終了となる。
3、パサーのフラッグを取る
 ボールを保持しているパサーのフラッグは、スナップ時に、ニュートラルゾーンより7ヤード以上離れて位置した守備選手だけしか取ることが出来ない。それ以外の選手は、ニュートラゾーンを越えることは出来ない。
4、故意のグラウンディング
 距離的な損失あるいは時間の節約を避ける為に、攻撃選手のいない地域にフォワードパスを投げてはならない。(反則 不正なパス 罰則 反則地点から5ヤード)
5、フォワードパスのキャッチ
 パスされて空中にあるボールをグラウンドにつく前に捕球することをキャッチという。攻撃、守備の全選手はフォワードパスをキャッチする資格を有する。ただし、両足を地面につけていない、前後左右へ飛び込んでのキャッチは、乱暴な不正な行為である。
 ダウン中に自らアウト・オブ・バウンズに出た攻撃選手は、守備選手がボールにタッチした後でしかボールにタッチ出来ない。(反則 不正なボールへのタッチ 罰則 プレビアス・スポットから5ヤード)
6、パスの成功
 フォワードパスのボールが、フィールド内にいる攻撃選手に、グラウンドに触れる事なくキャッチされると成功となり、プレーは継続する。タッチダウンになるか、攻守両方の選手に同時にキャッチされると、プレーは終了する。攻守両選手が同時にキャッチした場合、パスは成功でボールは攻撃チームの所属となる。
7、空中でのキャッチ
 空中でキャッチした選手が、アウト・オブ・バウンズに出る前に、フィールド内に片足を着地すれば、フィールド内のキャッチとなり、パス成功である。
8、インターセプト
 フォワードパスを、フィールド内にいる守備選手が、グラウンドに触れる前にキャッチすると、インターセプトとなりプレーは終了する。プレーが終了すると、その地点で守備チームにシリーズが与えられる。
9、パスの不成功
 (1)フォワードパスがグラウンドに触れた場合、あるいはアウト・オブ・バウンズのグラウンドまたは選手等に触れた場合は不成功である。
 (2)フォワードパスが不成功となった場合、ボールはスナップした地点(プレビアススポット)に戻り、攻撃チームに所属する。
10、パス・インターフェランス
 フォワードパスが投げられた後は、攻守の全選手は相手のパスキャッチの試みを身体接触によって妨害してはならない。ただし、攻守2名以上の選手が妨害する意図でなく、同時にパスに手をのばし、キャッチまたはバッティングしようとする場合は、両チームはボールに対して対等の権利を持ち、偶発的に身体が接触しても反則ではない。(反則 パス・インターフェランス 攻撃チームに対する罰則 プレビアス・スポットから15ヤード。守備チームに対する罰則  反則地点がプレビアス・スポットから15ヤード以内だった場合は、反則地点で攻撃チームにシリーズを与える。反則 地点がプレビアス・スポットから15ヤード或いはそれ以上だった場合は、プレビアス・スポットから15ヤードで、攻撃チームにシリーズを与える。ただし、プレビアス・スポットが守備チームの17ヤードから2ヤードまでの場合は、2ヤードラインから攻撃チームにシリーズを与える)

back