シニアにもTOUCHDOWN!
杉の樹カレッジでアメフット教室開催

2004年11月5日
    アメフットとサッカーを比較した『アメフット』の講義を約1時間、講師の後藤完夫氏(フットボールジャパン代表)現代スポーツの真髄に手でふれる、活気溢れた2時間を過ごした。
  アメフットとサッカーを比較した『アメフット』の講義を約1時間、講師の後藤完夫氏(フットボールジャパン代表、慶応義塾大学体育研究所講師)が文化としてのアメフットを、競技特有の規則などを通じて説明した。後半は、ゲスト講師である安田愛さん(前サンフランシスコ・フォーティナイナーズ・チアリーダー)と仲間3人がユニットで登場。アメフットから生まれたチアリーディングの魅力を実技で紹介した。NFLオールスターに選出された安田さんの指導で、学生たちものりのりで実技に参加した。
  カレッジのフットボール担当である品川重雄氏は「大成功でした。今後も機会を作って、現代スポーツにチャレンジしていきます」。
  学生は約1週間後の11月1日、東京ドームでオンワードスカイラークス対オービックシーガルズ戦を観戦した。
   たぶん、日本初。高齢者を対象とした、アメリカンフットボール講座が、10月27日(水)、東京都杉並区立高齢者活動支援センターで開催された。60歳以上の学生50人が就学する高齢者活動支援の『杉の樹カレッジ』が主催した。一
  般募集を加えた約100人は、アメフットのヘルメットをかぶり、チアリーディング実技に加わるなど、テレビ画面でしか接することが出来なかった、現代スポーツの真髄に手でふれる、活気溢れた2時間を過ごした。
back