法政完璧、日大歓喜!
快晴の第20回記念ヨコハマボウル

第20回ヨコハマボウル、早大の快足RB古川も囲む松下電工守備
(松下45−0早大、2006年5月28日)

 5月28日(日)横浜スタジアムで、第20回ヨコハマボウル(主催NPO法人フットボールジャパン、後援NTV、NFL、横浜市、TOUCHDOWNなど)が開催された。
  朝まで降り続いた雨がからり晴れ上がった午前11時、第1試合で早大が松下電工(X西地区優勝)に挑戦した。早大は長身QB井上(3年)のパスに期待したが、鉄壁の電工守備に完封され、0対41と完敗。MVP(TOUCHDOWN賞)には第2Qに流れをかえるRAC65ヤードのTDをみせたWR山本(耕)。NTVガッツィ賞には耳が不自由なハンディをのり越え孤軍奮闘したLB奥寺(早大2年)。秋に甲子園ボウルのプレマッチと噂された第2試合、関学対法政は、絶好調の法政が45対3と完勝した。法政はパス、ラン、リターンと面白いようにTDを重ね、セフティー、キックフェイクのオプションによるトライまで成功させた。MVPは第1Qに3TDパスを投げるなど完璧な仕上がりのQB菅原(法政3年)。ガッツィ賞はDT伊倉(法政4年)。第3試合は、日大が兄貴分のアサヒビールシルバースターに挑戦した。気力充実の日大は前半からスピードを生かして優位に立ち、後半今季初起用したQB金岡で追い上げるアサヒビールをかわし、27対21で歓喜のアップセット(番狂わせ)を演じた。アサヒビールは前日に続く連戦で動きが鈍った。MVPは2インターセプトで反撃を封じたSF大江(日大3年)、ガッツィ賞はDT井上(日大4年)。
 なお、第1試合終了後、(社)日本チアリーディング協会265人が大パフォーマンスショーを演じ大好評だった。

 なお、第20回ヨコハマボウルの模様は、6月11日(日)深夜25:55〜27:55日本テレビで放映。またCS放送G+では、6月13日(火)25:45〜27:45松下電工対早稲田大、14日(水)26:15〜28:15関西学院大対法政大学を放映します。日大対アサヒビールもハイライトで放映予定です。解説は松本直人(TD発行人)、実況は第1試合が田中毅、第2試合は高橋雄一、サイドラインレポートは鈴江奈々。

back