来年7月アメフットW杯、川崎で開催
3連覇を狙う日本に、初出場アメリカの壁

 来07年7月に開催される「第3回アメリカンフットボールワールドカップ2007川崎大会」の概要が、5月23日(火)、主管の(社)日本アメリカンフットボール協会から発表された。期間は07年7月7日〜15日(9日間)、出場国は6カ国。現時点では、開催国の日本、アメリカ(パン・アメリカン大陸代表)、スウェーデン(ヨーロッパ第1代表)の3カ国の出場が決定。アジア・オセアニア、ヨーロッパ第2、第3代表がこれに加わる。会場は、開会式と決勝が川崎市等々力競技場、その他は川崎球場。
  決勝は7月15日(日)。出場6カ国を3カ国ずつの2グループに分けて総当りのリーグ戦を行い、各グループの同位同士が順位決定戦をおこなう、ラウンドロビン方式で運営する。
  今大会のスローガンは「国際交流」、「チームワーク」、「子供たちへの教育・啓蒙」。過去2回、パレルモ(イタリア)大会、フランクフルト(ドイツ)大会と日本が連覇。今回初出場する本場米国との決勝対決が期待されている。
  現在IFAF(国際アメリカンフットボール連盟)にはアフリカ地区1、パン・アメリカン地区10、アジア地区3、ヨーロッパ地区29、オセアニア地区2の合計45カ国が加盟している。今大会には11カ国がエントリーした。日本は開催国として予選免除された。

back