龍村好投&快走
第30回パールボウル

2005年6月14日
  大会前には、負傷や海外プロフット研修で主力選手を欠いたシーガルズの出場辞退が噂されたが、シーズンインと共に起用された新人選手が急成長、決勝に進出した。RB古谷、S里見など海外プロフット組が復帰したこの試合は、ショットガン・オプションを展開するなど秋本番並みの仕上がりだった。一方、シルバースターは例年通り春季は基礎作り、次代のエース作りのステップとした。攻撃距離はシーガルズ414ヤード、シルバースター109ヤード。秋、この両者が対戦するとしたら、リーグ戦後のプレーオフとなる。
 

 

   6月13日(月)午後7時、東京ドームでキックオフされた第30回パールボウルは、オービックシーガルズが27対2でアサヒビールシルバースターを下し、シーガルズとしては通算3回目のPB優勝を飾った。
   スピードに勝るシーガルズの完勝だった。シーガルズは開始直後にQB龍村―WR水口のフリーフリッカーで先制して主導権を握り、QB有馬を先発させたシルバースター攻撃を完封、前半で20対2と試合を決めた。

back